STAFF スタッフを知る

PROFILE

ホームヘルパー

ホームヘルプサービス ゆーゆ

上杉静香さん

平成24年4月入職

伊賀白鳳高等学校卒業

main_title_new2_uesugi

uesugi_limg

育成会を志望した理由は?
母が介護の仕事をしていて、幼い頃から楽しそうに仕事をしているのを見てきたのが、福祉の道に進んだ一番大きな理由だと思います。実習でいくつかの施設に行かせていただき、その中に今の職場のゆーゆがありました。介護福祉士の資格をとるための勉強をしていましたので、障害者の方の支援というのはあまりイメージになかったのですが、ゆーゆでの実習が純粋に楽しくて、名張育成会で障害者支援の仕事をしたいと思うようになりました。

現在どんな業務をしていますか?
uesugi_simg02 ご自宅の支援が中心のヘルパーという仕事をしています。ご自宅にうかがって入浴、排泄の介助、身体介助、買い物代行や一緒にお料理を作ったり、通院や余暇支援で一緒にお出掛けをしたりなど様々な支援があります。利用者さんも小学生から70才代まで幅広く、知的障害を持つ方だけでなく、身体障害、精神障害、介護保険を利用した高齢者の方など、様々です。

委員会活動に参加して
今年度から広報委員として広報委員会に参加しています。まだ始めたばかりでわからないことも多いですが、普段の業務とは別に、法人の広報について考える時間というのは、とても有意義です。私は特に、この広報誌を母校の後輩に読んでもらいたいなという思いを、持つようになりました。同じ福祉を志す者の中でも、知的障害に対する理解の壁の高さを感じることがあります。そういった人たちに、今私のやっている仕事の素晴らしさを知ってもらいたいと感じています。

ヘルパーという仕事
uesugi_simg03 1対1で支援できるので利用者さんと密に接することができるのが魅力だと思います。短い時間ではありますが、その分濃密な時間を過ごせるように心がけています。最初は、他人様の家に入るというのは、やはり勇気がいることで、ご家族が我々の支援を見ているという状況に、とまどいを感じることもありました。でも段々と、どんな風に支援をしているか、どこを頑張っているかなど、心を込めて支援していることをご家族に見ていただけて、認めていただけることがやりがい、やる気につながるようになってきました。

後輩に一言お願いします。
入職当時18才で、子育ての経験もないですし、私にちゃんとした支援ができるのかと、とても不安でした。でも元々人が好きなので、しっかりと利用者さんと向き合っていくことで、ご家族も理解を示してくださって、壁を越えていけたように思います。そうするとさらにいい支援ができ、ヘルパーとして頼っていただけることが増えてきました。もしも今自分の進む道を迷っているなら、まずは実習先にゆーゆを選んでみてほしいです。経験してみないとわからない魅力がたくさんあります。ぜひ見学だけでもしに来てください。

uesugi_simg

経歴

職 種:
ホームヘルパー
資 格:
介護福祉士、ヘルパー2級
配 属:
ホームヘルプサービス ゆーゆ
卒業学域:
伊賀白鳳高等学校
ヒューマンサービス科介護福祉コース
入職年:
平成24年4月
出身地:
名張市
社会福祉法人ではめずらしい特徴のある4つの制度を中心に、トータルで成長とやりがいを支えます。