STAFF スタッフを知る

PROFILE

管理栄養士

入所支援グループ 成峯

宇良あみさん

平成24年4月1日入職

鈴鹿医療科学大学卒業

main_title05

staff_img5_1

育成会を志望した理由は?
高校生の時に管理栄養士を志して専門の大学に進学しまし た。就職活動を始めた時は漠然と病院で働くのかな・・という思いもありましたが、資格を活かしながらも、何か人とは違う経験をしたいという思いから、まずは名張育成会に見学に行くことに。その時の説明で「利用者さんを幸せにするにはまず職員が幸せにならないといけない。」と聞き「ここで働きたい!」と強く思いました。 ?staff_img5_s_1

現在どんな業務をしていますか?
受け持ちの事業所の献立を10日ごとに決めて、献立にのっとって食材の発注をします。また、それぞれの事業所からあがってくる、体重や血圧などのデータ―を元に、3カ月ごとに新たに食事の計画を立てていきます。
パソコンに向かっていることが多いのですが、普段からできるだけ利用者さんに会いに行って、食事中の様子を見たり、どんなものが食べたいかを直接聞いたりして、現場の空気を感じるようにしています。やはり利用者さんと接することで、仕事へのやりがいや喜びを感じます。食事は身体に栄養を運ぶものですが、私のモットーは「人の心にも栄養を」です。

やりがいサポートプログラムについて
昨年度私が「やりがいサポートプログラム」の中で立てた目標は「肥満の割合を減らしたい」というものでした。残念ながらあともう少しのところで達成できなかったので、何故出来なかったのかをよく考え、今年度もあえて同じ目標で頑張ることにしました。「やりがいサポートプログラム」は年度ごとに職場の上司と共に目標を考えるのですが、上司と思いを共有することで、日常的に目標を意識することができますし、日々の業務にやりがいを感じることができます。

職場としての名張育成会は?
どの職員も食事を大切にしてくれているので、その気持ちに応えようと思えるのは管理栄養士としてはありがたいことです。また、福利厚生がしっかりとしているので、休みは休み、仕事は仕事、という風にONとOFFの切り替えが出来るのも働きやすい点です。 staff_img5_s_2

後輩に一言お願いします。
内容にもよりますが、業務上でやってみたいアイディアなどの提案をすると、まずトライさせてくれるオープンな職場だと思います。また、管理部門ながら利用者さんと深く関わりたい人にもいい職場だと思います。現在、調理は専門業者が担当していますので、管理栄養士としてケアマネジメントに徹することができ、私もたくさんの利用者さんと触れ合うことができています。多くの人の心に栄養を運んでいるという実感が大きな喜びになっていますので、人が好きだという人はぜひチャレンジしてください。

staff_img5_2

経歴

職 種:
管理栄養士
資 格:
管理栄養士
配 属:
入所支援グループ 成峯
卒業学域:
鈴鹿医療科学大学
医療栄養学科卒業
入職年:
平成24年4月1日
出身地:
鈴鹿市
社会福祉法人ではめずらしい特徴のある4つの制度を中心に、トータルで成長とやりがいを支えます。