STAFF スタッフを知る

PROFILE

生活支援員主任

くらしサポートゆっくる

森井崇恭さん

平成24年4月1日入職

近畿大学短期大学部卒業

main_title_morii

morii_limg

育成会を志望した理由は?
大学は福祉関係ではなかったのですが、大学時代に知的障害者の余暇支援のボランティアに行った時に、利用者の方からとても喜んでもらえて、自分も楽しく過ごす事ができ「こんな仕事があるのか」と頭に残っていました。一旦は別の仕事に就きましたが、仕事をしながら福祉の資格を取得し、さらに知識を深めていきたいと思っていた頃に、通所知的障害施設のヘルパー求人がありヘルパーとして就職、それが福祉業界に進んだきっかけでした。色々なことを経験する中、プライベートで子供が生まれた事もあり自然の多い地域で暮らしたいと思っていたところ、当法人に出会いました。名張育成会は、通所・入所・グループホーム等様々な事業所があり、子供から高齢の方まで多岐に渡りご利用頂ける大規模な法人であり、さらに自分が成長できると思い志望致しました。

現在どんな業務をしていますか?
morii_simg01 「ゆっくる」というのは名張育成会に所属する19のグループホームの総称です。
グループホームとは、障害を持った方が地域で暮らすために共同生活する場所です。日々の仕事としては、朝の起床、更衣、洗面、食事支援等があり、利用者さんが日中活動場所や職場に出掛けられた後は、掃除、ゴミ出し、事務作業等、また、帰宅後は夕飯、入浴、就寝の支援などを行っています。
ゆっくるには主任が4人いますが、私はその一人として、現場支援を中心に職員のシフトを組んだり、相談を受けたり、管理的事務作業等を行っています。

主任になって・・
これまで様々な法人で仕事をしてきましたが、グループホームの支援は初めてでした。利用者さんと信頼関係を気づきながら仕事を覚えて懸命にやってきました。これまでに異動もあったりしましたが、今年の初めに主任の辞令をいただき、正直驚きました。これまでの職歴や仕事も評価していただけたのかなと思います。責任ある立場になるということでとまどいもありましたが、皆さんのお手本になろうという意識も高まり、大変ながらもいい経験をさせていただけていると感じます。仕事に対するモチベーションも上がります。

資格や研修について
これまで働いてきた職場と比べて、名張育成会は圧倒的に研修が多いです。学ぶには恵まれた環境だと思います。
主任になった直後に、法人所長を講師とした指導職研修がありました。研修を通じて指導職としての難しさを感じましたが、事前の教育体制が整っている事で、指導職としての心構えができ責任感が芽生えました。実際の仕事に活きていることを感じています。

やりがいサポート
morii_s_1 主任になり、支援員さんに対する人事評価制度であるやりがいサポートも担当するようになりました。普段は支援員さんとゆっくり話す時間がとれませんが、この制度がある事で、支援員さんに対する具体的な評価やフィードバック面接を実施できることで、相互に話し合える良い機会を持てていると感じていますし、支援員さんのステップアップにも繋がっていると思います。

後輩に一言お願いします。
私は福祉関係の学校は出ていませんが、仕事をしながら資格を取ってここまで続けて来られています。ちょっとでも福祉に興味があれば、あきらめないでチャレンジしてほしいです。名張育成会は仕事をしながら勉強できる環境が整っています。より知識を深めて仕事の幅を広げていけるし、そのやる気をサポートしてくれますので、安心してチャレンジして下さい。

morii_simg

経歴

職 種:
生活支援員主任
資 格:
介護福祉士
介護福祉主事
ホームヘルパー2級
ガイドヘルパー
配 属:
くらしサポートゆっくる
卒業学域:
近畿大学短期大学部
商経学部
入職年:
平成24年4月1日
出身地:
大阪府
社会福祉法人ではめずらしい特徴のある4つの制度を中心に、トータルで成長とやりがいを支えます。